就職サイトを利用して求人を見つける方法

公開日: : 求人の探し方

 既卒者になって就職活動を始めるとき、どのように求人を探せばいいのか、迷う方も多いと思います。そこで、求職活動の基本である、就職サイトを使った求人の探し方を、ここにまとめておきたいと思います。

新卒者向けの就職サイトの活用

 現在、大学卒業後3年以内の既卒者が新卒者採用の求人に応募できるようになっています。そこで、新卒者向けの就職サイトを活用し、求人を探すという方法を検討してみてはいかがでしょうか。ただし、新卒者向けの就職サイトに掲載されている、すべての求人が既卒者の応募を受け付けているわけではありません。求人情報で、既卒者応募OKかどうかは、必ずチェックするようにしましょう。

 また、既卒者がNGな求人であっても、自分が応募してみたいという強い思いがあるのなら、電話やメールで問い合わせてみることをおすすめします。熱意が買われて応募できたら、採用試験では新卒者と同様に選考されます。固定概念でチャンスを逃がすことがないように、積極的に行動するようにしましょう。

既卒者向けの就職サイトの活用

 近年は、既卒者や第二新卒者の求人に特化した、就職サイトも増えています。そうした既卒者向けの就職サイトを使って、求人を探してみましょう。既卒者向けの就職サイトの場合、応募者と企業のミスマッチを解消するために、さまざまな勉強会やセミナーを開催するなど、サービスが充実しているところが多いようです。

 既卒者向けの就職サイトに登録することで、そうした勉強の機会を無料で得られるだけでなく、サイトによってはキャリアアドバイザーによる個別企業紹介があったり、仕事の適性検査を受けられるところもあるようです。

 また、既卒者に特化した就職サイトの中には、意欲の高い既卒者をあえて採用したいと考え、社員を育てる環境がある企業を厳選して紹介しているものもあります。既卒者向けの就職サイトの内容をチェックして、自分が志望する業界や職種に強い、あるいはきめ細かなサポートが受けられるなど、自分にメリットが大きいところに登録しましょう。

転職者向けの就職サイトの活用

 既卒者が就職活動を行うときに、新卒者向けサイト、あるいは既卒者向けサイトと併用してほしいものに、転職者向けの就職サイトがあります。転職サイトは、幅広い業界や職種、勤務地の求人が集まっており、学歴不問や未経験者OKのものもたくさんあります。既卒者であれば、採用後すぐに働き始めることができるなど、企業側にもメリットが大きいはずです。

 まずは社会人として職務経歴をつくり、そのうえでキャリアアップにつながる転職をするという方法もあるのですから、企業の規模やステイタスにこだわりすぎるのではなく、自分の成長につながりそうな求人を探すというスタンスで、転職者向けの就職サイトを活用してみてください。

 また、転職者向けの就職サイトなら、自分の経歴や希望の業界、職種、勤務地などを登録しておけば、企業から個別にスカウトが受けられたり、定期的にマッチする求人情報を送ってもらえるというメリットもあります。

 既卒者の場合、企業からのスカウトは、説明会への参加告知の場合が多いのですが、それでもチャンスであることに変わりはありません。自分がこれぞと思う求人があったら、積極的に応募するようにしましょう。

転職エージェントの活用も検討しよう

 転職エージェントというと、職歴があって、キャリアアップを目指すひとだけを対象にしていると、勘違いされがちです。確かに、職歴のない既卒者が紹介してもらえる求人は限られているかもしれませんが、それでも転職エージェントの活用も検討することをおすすめします。その理由としては、転職のプロであるキャリアコンサルタントの個別サポートを受けることができるからです。

 転職エージェントでは、キャリアコンサルタントのカウンセリングなしに、求人を紹介してもらえません。キャリアコンサルタントは、カウンセリングを通して、自分では意識していない強みや、仕事への考え方、向いている仕事などを把握し、そのうえでアドバイスをくれます。プロの手を借りて、自分の選択肢を増やすことも、就職活動には大きなプラスになるはずです。

 就職サイトともに、ぜひ活用してみてください。

就職活動の基本とは

 とはいえ、就職サイトに登録して、求人探しをする前に、しっかり踏むべきプロセスを踏まなければ、内定に近づくことはできません。それは、自己分析と業界研究をしっかり行い、自分がやりたい仕事を明確にしておくことです。

 営業や事務、接客業など、職種にこだわらずに就職活動をしている時点で、書類選考を通過するのが難しくなります。

 それは、「自分はこの仕事をしたい!」という強い思いがないことが、応募書類でも面接でも表れてしまうからです。まして、既卒者が新卒採用に応募する際は、エントリーで検索された時点で落とされる可能性が高いのです。

 しっかり手順を踏んで、自分を活かせる求人を探すことを心がけてください。

関連記事

no image

効率的・将来性を考えてアルバイトを探す方法

最近の就職事情はとても厳しく、正社員枠がかなり減少しているのが現状です。そこでアルバイトから入社し、

記事を読む

no image

採用に結びつける会社選びのコツ

 既卒での就職活動では、新卒時よりも条件が厳しくなることが多いため、会社選びひとつとっても贅沢はいえ

記事を読む

no image

求人情報媒体と就職活動

求人媒体の範囲を広げる  既卒でもフリーターでもバイトをしていたのであれば求人系統のサイトや求人雑

記事を読む

no image

既卒やフリーターにハローワークはどうか

多くあるようであまりない  仕事探しにはハローワークを利用しようと考えている方がいるかもしれません

記事を読む

no image

求人票ではどこを見るか

未経験の文字  当然のことながら既卒もフリーターも就職しての仕事経験がないため未経験を狙って求人を

記事を読む

no image

就職支援を受けて求人を探す方法

 既卒者が就職活動を行おうと思うとき、新卒時とは違うことがいろいろあります。まず、大学の就職課の支援

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

正規雇用と非正規雇用の大きな違いを知ろう!

正規雇用と非正規雇用の違いを知っておこう!    既卒やフリーター

“初出勤までにしておきたいこと”をやるところまでが就職活動です

心と身体の準備を万全に  心と身体の状態は良好でしょうか。仕事の

既卒またはフリーターは面接後にお礼状を出そう!

面接後のお礼状が有効なケースとは  既卒者やフリーターで、正社員

内定後は契約書の確認を忘れずに

入社契約書とは  内定が決まれば企業側から契約書が送られます。入社契

入社前に確認すべきこと

バイトは大丈夫か  就職したとなれば当然バイトはする必要がなくなるた

→もっと見る

PAGE TOP ↑